どれが売れるの?お酒買取で参考になる買取ってもらえる種類一覧


鉄板のワインやウィスキー

ワインやウィスキーは年代物も多いので、もったいなさからなかなか飲めず放置している方も多いのではないでしょうか。そんな年代物でも安心して買取ってくれるサービスが、お酒買取サービスです。数十年前のウィスキーやワインでも問題なく買取ってくれますし、そうしたお酒を余らせている方にはうってつけでしょう。また、古いお酒はラベルなどが汚れているかもしれませんが、きちんと買取ってくれる買取業者も少なくありません。

日本酒や焼酎も買取対象に

日本人にとって馴染み深いこれらお酒も買取対象となっています。有名な銘柄はもちろん、ローカルな銘柄にも対応していることが多いので、あまり有名な銘柄でなくても買取りに出す価値はあるでしょう。日本酒などを買取りに出す場合は、きちんと箱を用意しておくとさらに買取価格が高くなります。日本酒は木箱など雰囲気のある箱が用意されていることも多いので、もし一式で用意している方は一緒に買取りに出してみましょう。

基本的にお酒なら問題なし

ラム酒やウォッカなど、様々なお酒が対象となっていることが多いので、とりあえず査定に出してみるだけでも面白いはずです。お酒は1万円を越える値が付くことも珍しくないので、貰い物のお酒などを家に眠らせておくよりは買取りに出してしまった方がお得ではあります。また、お酒は単に味だけでなく、ボトルデザインなどにも左右されます。あまり有名でないお酒であっても、買取りに出したらデザインが評価されて意外と高い値がついた、という可能性もありえるのです。

お酒の買取では、ウイスキーやシャンパン、ブランデーなどに注目が集まります。熟成年数によっては思わぬ高額査定が出ることも不思議ではありません。