気になる膣のゆるみに絶大な効果の4つの治療法!


膣のゆるみの主な原因!

膣のゆるみは膣からお風呂上りに水が漏れたり、空気が入っておならの様な音が性交時にするとか、ゆるいとパートナーに言われてしまう事です。又尿漏れがくしゃみでおきたり、鏡で局部を見ると奥迄見えてしまう様な状態です。これらの幾つかの原因は、出産後に膣がゆるんでしまうケースが最も多い様です。これは重い子宮を支え続けた筋肉負担や分娩で、妊娠中の長い期間に引き伸ばされた筋肉が、元に戻らない為におこります。又加齢によるゆるみも誰しも避ける事が不可能です。膣壁や膣の周りの筋肉を加齢により、それを支える靭帯がゆるんだ事で筋力が低下しておこります。他にも骨盤底筋が肥満で弱まったり原因が姿勢の悪さだったりする事もあります。

膣のゆるみを治す様々な治療法!

膣のゆるみの治療法は様々で症状の重さにより異なります。クリニックで行う治療法のヒアルロン酸と脂肪酸注入法は、軽度な膣の広がりに向いた治療です。ヒアルロン酸か自身の身体から採取した脂肪を、膣の内側の壁に注入して膣内空を狭くしてゆるみを引き締めます。ビビーブは膣内部を高周波エネルギーを用いて圧縮させる治療法です。これは膣内のコラーゲンを増生して膣のゆるみの解消効果だけで無く、メスを使わないで痛みも出血も無い治療法です。レーザーは今迄の外科的な膣縮小手術とは違い、粘膜の処理だけでは無く筋肉を奥から引き締めて、筋肉から縫い縮める治療法です。尿道や肛門に近い手術も、周囲の組織へのダメージも最小限で済むので安全に行なえます。他にも膣のゆるみが軽度から中程度の場合は切開や縫縮手術で施術します。

膣圧とは、女性器の膣の内部の圧力を指します。膣内の締め付ける力がどのくらいあるのかを表現したものです。